アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

どちらの扉からはいっても同じです。

2008/02/24
アーユルベーダ紀行 1
2007年までと2008年からは、ぐぐっと方向が変わり、
わたしの船に乗っていたお客様は、いったい何が起こったのか?
いままでヘナ、ヘナ緑一色だったのに、漢方くさい、イメージは赤かな、
赤と緑に塗られた船になってしまって、戸惑ってらっしゃるようです。
でもこの舵は最初から予定していたことで、わたしの航海図にはちゃんと
航路が最初からありました。

扉に例えれば、アーユルヴェーダは大きな正面の扉で、ヘナはその横の窓という感覚です。
どちらから入っても部屋に入れるのです。

日本のエステ業界はどこに行くのでしょう?
エステはより、美容医学に近づき、気孔やマッサージはより健康医によるような気がします。
どちらにせよ、医師のカウンセリングや指導との接点が見えてきそうです。
これが統合医学となるものでしょうか?

個人的にはしみやシワで悩んでいる人には、美容外科に行くほうが、手っ取り早くストレスを軽減できるのではと思ったりします。

美容院はエステ業界とことなり、守られている柵のなかで仕事することができます。
中国や香港のように免許が無くても明日から開業できるとなれば、ある意味で甘やかされているサロンは、たちまち窮地にたたされるでしょう。

エステやカイロ、マッサージはとんでもない競争の中で、生きのびてゆかねばなりません


ここいろいろエステサロンを見させていただいて、わたし自身も企画書作りしながら
勉強させていただいてます。


関連記事

Comments 1

There are no comments yet.

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/02/27 (Wed) 15:00
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
アーユルベーダ紀行