アーユルヴェーダへの扉 NEEM

Welcome to my blog!

トリバンドラム ケララ の空港で出会った本

2013/10/18
アーユルベーダ紀行 0
カニヤクマリからケララのトリバンドラムの空港へ大体9:45分の飛行機なので空港へ入る道の前に
いつも立ち寄る朝ごはんのお店で最後のブーリーを食べます。クリニックができてからドクターにわたしの体質はブーリーは合わないよ、といわれているので最近はいつも帰国の時にしか食べれません。
たぶんクリニックに滞在しなければ私はインドの豆と野菜とスィートと小麦粉で太りだします。

大好物の

熱々のブーリーです。

トリバンドラムの空港もどんどんきれいになり、ラウンジもできました。
プライオリティーパスは使えませんが、ビジネスラウンジはゲートの真ん中の2階にあります。
メニューを渡され、オーダー式に、ビュフェはまずくて食べれません。

SHOPもなかなかきれいなのが出店しています。アーユルヴェーダのSHOP,本屋。
いつもここで本を探すのですが面白い本を見つけました。

中国の鍼灸とアーユルヴェーダのマルマポイントの関連と相似性の本です。
それだけでなくドーシャも分かりやすく書いており、読み応えのある一冊となっています。

簡単な英語なので分かりやすい内容で最近の本の中ではお勧め本です。
オーストラリア人のFRANK ROS という人の本。

DRFRAN ROS
何ヶ月前に中国で経絡をオイルで流すメニュがあり、それがアーユルヴェーダの流し方ととても似ていたと書いたことがありました。書き記すことをどことなく偽善のような感覚のインドの聖者たちと、詳細に書き記す中国のそれは陰と陽のようで、また哲学的にも面白くそこにドーシャで体内の解剖をしてゆくようなプロセスで一気に読み終えた久しぶりの面白い本でした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
NEEM
Admin: NEEM
こんにちはNEEMです。
ヘナと縁があって
日本、インド、オマーンと
ヘナの輸入卸とコンサルタントをして
30年近くになりました。
ヘナの力の素晴らしさを共有できれば、また
いつかお会いできればとてもうれしく思います。
メール:ayure88@gmail.com LINE ID naokoindia
アーユルベーダ紀行